キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

ホーム
防災情報
各種データ・資料
知識・解説
気象庁について
案内・申請
ホーム > 防災情報 > 気象情報

全般気象情報

その他の情報
地方
府県
大雪と暴風雪及び高波に関する全般気象情報 第7号

平成30年2月6日04時33分 気象庁予報部発表

(見出し)
北日本から西日本では、7日にかけて日本海側を中心に大雪に警戒し、なだ
れに注意してください。東北地方では6日は猛ふぶきや吹きだまりによる交
通障害、暴風に警戒し、北陸地方と東北地方では高波にも警戒してください


(本文)
[気圧配置など]  北日本の上空約5000メートルには氷点下39度以下の強い寒気が流入 し、西日本の上空約1500メートルには平年より10度前後低い氷点下1 2度以下の寒気が流入しています。  日本海中部に発達した低気圧があって、ゆっくり東へ進んでいます。この 低気圧は6日昼頃に北日本へ接近し、6日夜にかけて津軽海峡付近を通過し て、7日朝には北海道の東海上へ進むでしょう。 [防災事項] <大雪>  上空の強い寒気や低気圧の影響で、北日本から西日本では大雪となってい るところがあります。引き続き7日にかけて、北日本から西日本では日本海 側を中心に大雪となるでしょう。東日本から西日本の太平洋側でも大雪とな るところがある見込みです。  7日6時までの24時間に予想される降雪量は、多いところで、   北陸地方                   80センチ   東海地方                   60センチ   北海道地方、東北地方、近畿地方、中国地方   50センチ   四国地方                   30センチ   九州北部地方                 20センチ   関東甲信地方                 10センチ  8日6時までの24時間に予想される降雪量は、多いところで、   北陸地方               50から70センチ    関東甲信地方、東海地方、近畿地方、中国地方                      30から50センチ   東北地方               20から40センチ    です。  大雪や路面の凍結による交通障害に警戒し、なだれに注意してください。 日本海側の雪は8日にかけて続くでしょう。  また、西日本や東日本を含めて低温による水道管の凍結に注意してくださ い。上空の強い寒気の影響は8日頃にかけて続く見込みです。 <暴風雪・高波>  日本海中部の低気圧が接近し、通過する東北地方では、6日は海上を中心 に雪を伴った非常に強い風が吹き、海は大しけとなるところがあるでしょう 。    6日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、   東北地方   20メートル(30メートル)  6日に予想される波の高さは、   東北地方           6メートル   北陸地方           5メートル です。  東北地方では猛ふぶきや吹きだまりによる交通障害、暴風に警戒し、東北 地方と北陸地方では高波に警戒してください。 [補足事項]  地元気象台が発表する警報や注意報、気象情報に留意してください。  次の「大雪と暴風雪及び高波に関する全般気象情報」は、6日17時頃に 発表する予定です。
警報や注意報に先立って注意を呼びかけたり、警報や注意報の内容を補完するために発表します。
また、少雨や長雨などに関する情報も、気象情報として発表しています。