長期間の高温に関する近畿地方気象情報 第2号

平成30年5月11日10時45分 大阪管区気象台発表

(見出し)
 近畿地方では、3月上旬から気温の高い状態が続いています。この状態は
、今後2週間程度は続く見込みです。
 農作物の管理や健康管理等に十分注意してください。

(本文)
 近畿地方では、3月上旬から南からの暖かい空気が流れ込みやすかったた
め、平年に比べ気温の高い日が多く、月平均気温は、1946年の統計開始
以来、3月は高い方から第1位、4月は高い方から第3位となりました。
 3月1日以降の平均気温では、平年を2度程度上回る所が多くなっていま
す。
 最近1週間は、寒気の影響で平年に比べ気温が低くなる時期もありました
が、今後は暖かい空気に覆われるため、向こう2週間程度は気温がかなり高
くなる見込みです。
 農作物の管理や健康管理等に十分注意してください。

 平均気温(3月1日から5月10日まで)(速報値)
           平均気温(度)  平年差(度)
豊岡           12.2   ++1.7
舞鶴           12.4   ++1.7
京都           14.2   ++2.0
彦根           12.1   ++1.6
姫路           13.0   ++1.5
神戸           14.5   ++1.6
大阪           14.7   ++1.6
洲本           13.6   ++2.0
和歌山          14.7   ++1.6
潮岬           15.2   ++1.0
奈良           13.6   ++2.2

 今後の気象情報等に留意してください。

 この情報は、4月25日発表の「長期間の高温に関する近畿地方気象情報
第1号」を引き継ぐものです。

画面先頭へ
地方情報一覧へ戻る
[#]都道府県選択へ戻る
[*]地方選択へ戻る
[0]Topメニューへ