キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

平成30年6月18日07時58分頃の大阪府北部の地震について(第2報)

報道発表日

平成30年6月18日

本文

地震の概要
検知日時
(最初に地震を検知した時刻)
6月18日07時58分
発生日時
(地震が発生した時刻)
6月18日07時58分
マグニチュード6.1(暫定値)
場所および深さ大阪府北部、深さ13km(暫定値)
発震機構東西方向に圧力軸を持つ型(速報)
震度【最大震度6弱】大阪府大阪市北区(おおさかしきたく)、高槻市(たかつきし)、枚方市(ひらかたし)、茨木市(いばらきし)、箕面市(みのおし)の5市区で震度6弱、京都府京都市(きょうとし)、亀岡市(かめおかし)など18の市区町村で震度5強を観測したほか、近畿地方を中心に、関東地方から九州地方の一部にかけて震度5弱~1を観測しました。

○ 防災上の留意事項

 大阪府北部では活発な地震活動が続いています。
 揺れの強かった地域では、家屋の倒壊や土砂災害などの危険性が高まっているおそれがありますので、今後の地震活動や降雨の状況に十分注意し、やむを得ない事情が無い限り危険な場所に立ち入らないなど身の安全を図るよう心がけてください。
 過去の事例では、大地震発生後に同程度の地震が発生した割合は1~2割あることから、揺れの強かった地域では、地震発生から1週間程度、最大震度6弱程度の地震に注意してください。特に地震発生から2~3日程度は、規模の大きな地震が発生することが多くあります。

○ 地震活動の状況

 今回の地震発生後、18日15時00分現在、震度1以上を観測する地震が15回発生しています。
(震度2:5回、震度1:10回)

 ※地震回数は速報値で、後日の調査で変更になることがあります。

○ 気象庁機動調査班(JMA-MOT)の出動

 気象庁は、この地震により震度6弱~5強が観測された地域を中心に、地震動による被害調査及び震度観測点の状況確認のため、大阪管区気象台(2班、計6名)、京都地方気象台(2班、計8名)からなる気象庁機動調査班(JMA-MOT)を派遣しました。


図表等を含めた資料全文につきましては、下記の「資料全文」をご参照下さい。

問い合わせ先

気象庁 地震津波監視課
電話 03-3284-1743

資料全文

※3ページ目の震央分布図のタイトルに記載の深さ表記を修正しました。(誤:深さ>=20km → 正:深さ<=20km)。(平成30年6月18日)
Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

このページのトップへ