キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

春(3~5月)の天候

報道発表日

平成30年6月1日

概要

2018年(平成30年)春(3~5月)の日本の天候は、期間を通して暖かい空気に覆われやすかったため、全国的に気温の高い状態が概ね持続し、平均気温はかなり高くなりました。降水量は北・東日本日本海側でかなり多くなりました。日照時間は東日本太平洋側と西日本、沖縄・奄美でかなり多くなりました。


本文

2018年(平成30年)春(3月~5月)の天候の特徴は以下のとおりです。

  • 全国的に気温がかなり高く、東日本では記録的な高温
    期間を通して暖かい空気に覆われやすかったため、全国的に気温の高い状態が概ね持続し、平均気温はかなり高かった。特に東日本の平年差は+2.0℃で、春としては統計を開始した1946年以降では1位の高温となった。
  • 降水量は北・東・西日本で多く、沖縄・奄美でかなり少なかった
    低気圧の通過時に、南から湿った空気が流れ込みやすかったため、北・東・西日本では降水量が多く、北・東日本日本海側ではかなり多かった。一方、沖縄・奄美では、湿った空気や低気圧の影響を受けにくかったため、かなり少なかった。
  • 日照時間は東日本太平洋側と西日本、沖縄・奄美でかなり多かった
    東日本太平洋側と西日本、沖縄・奄美では高気圧に覆われやすく、晴れた日が多かったため、日照時間がかなり多かった。
2018年春(3~5月)の平均気温・降水量・日照時間の平年差比図

問い合わせ先

 観測部 計画課情報管理室 担当 青木(観測値や記録について)
 電話03-3212-8341(内線4154) FAX 03-3217-3615
 地球環境・海洋部 気候情報課 担当 竹川(天候の解説について)
 電話03-3212-8341(内線3154) FAX 03-3211-8406

資料全文

関連資料


Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

このページのトップへ