キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

世界の主要温室効果ガス濃度は観測史上最高を更新 ~「WMO温室効果ガス年報第13号」の公表~

報道発表日

平成29年10月30日

概要

10月30日、世界気象機関は温室効果ガス年報第13号を公表しました。主要な温室効果ガス(二酸化炭素、メタン、一酸化二窒素)の濃度は引き続き増加を続けており、2016年の世界平均濃度はいずれも観測史上最高を更新しました。

本文

 気象庁は、世界気象機関(WMO)の温室効果ガス世界資料センター(World Data Centre for Greenhouse Gases: WDCGG)を運営しており、WMOの下で観測された世界中の温室効果ガス観測データの収集、解析を実施しています。気象庁の同センターが解析した2016年までの温室効果ガスの世界平均濃度に関する結果に基づいて、WMOは10月30日に温室効果ガス年報(Greenhouse Gas Bulletin)第13号を公表しました。

 本年報では、気象庁による大気中の温室効果ガス濃度の経年変化等の解析結果のほか、今回のトピックとして、最近数十年間の二酸化炭素濃度の増加速度が、極域の氷床コアから復元した過去数十万年間の濃度変動と比べ前例のないペースであることについて解説しています。年報の全文(気象庁訳)は、気象庁ホームページでご覧いただけます。

 WMO温室効果ガス年報(気象庁訳):http://www.data.jma.go.jp/env/info/wdcgg/wdcgg_bulletin.html

 本年報は、気候変動に関する国際連合枠組条約第23回締約国会議(COP23)(11月6日~11月17日、ドイツ・ボン)で配付され、国際的な気候変動対策の基礎資料として用いられる予定です。

問い合わせ先

地球環境・海洋部 環境気象管理官付 全球大気監視調整官
03-3212-8341(内線4112)
03-3287-3439(直通)

資料全文


関連リンク

Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

このページのトップへ