キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

黒潮が東海沖で大きく離岸~今後、大蛇行となる可能性があります~

報道発表日

平成29年8月30日

概要

現在、黒潮は、紀伊半島から東海沖で大きく離岸して流れています。今後、さらに南下し、離岸した状態が継続する見込みで、大蛇行となる可能性があります。
黒潮の流路の変動は、船舶の運航や漁業に影響があるほか、潮位上昇させ、沿岸の低地で浸水などの被害が生じる可能性があるため、注意が必要です。

本文

黒潮は、東シナ海を北上して九州の南方から太平洋に入り、日本の南岸に沿って流れる世界有数の強い流れの海流です。
現在、黒潮は、紀伊半島から東海沖で大きく離岸し、北緯31.5度、東経137.5度付近まで南下しています(図1)。熊野灘から東海沖には、黒潮から分かれた暖水がみられ、紀伊半島東岸の潮位が通常より10~20cm高くなっています。
今後、黒潮の流路は、東海沖の北緯30.5度、東経139度付近までさらに南下し、大きく離岸した状態は10月上旬でも継続している見込みで、2005年8月以来の大蛇行*1となる可能性があります。
黒潮の流路の変動は、船舶の経済運航コースを左右するほか、黒潮が大きく離岸することによって漁場の位置に影響を与えます。また、1年で最も潮位が高くなる夏から秋には、黒潮流路の変動によって東海から関東地方沿岸で潮位が上昇することで、沿岸の低地で浸水などの被害が生じる可能性があります。台風や低気圧が接近した場合は、さらに潮位が高くなりますので、より一層の注意が必要です。沿岸の地域では、気象台から発表される潮位情報等に留意してください。
気象庁は、今後も黒潮流路の変動を注意深く監視していきます。また、気象庁ホームページの「海洋の健康診断表」にて、海水温及び海流の最新の状況を毎日更新しているほか、1か月先までの見通しを約10日ごとに発表していますので、あわせてご利用ください。

*1 黒潮大蛇行とは 黒潮が潮岬で離岸した状態で安定し、かつ、東海沖で北緯32度より南に位置している状態

ひまわり海面水温画像
海流分布図
図1-1 ひまわりによる海面水温画像 図1-2 海流分布図

問い合わせ先

気象庁 地球環境・海洋部海洋気象情報室
03-3212-8341(内線5166)

資料全文


Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

このページのトップへ