キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

台風第5号の今後の見通しについて(8月7日11時20分)

報道発表日

平成29年8月7日

本文

 台風第5号は、今日7日10時頃に高知県室戸市付近を通過しており、7日は近畿地方を次第に勢力を弱めながら北東に進み、明日8日は東日本に達する見込みです。
 台風の動きが遅いため、明日8日にかけ、西日本と東日本では大雨や暴風が長時間続く見込みです。

<大雨>ここ24時間で四国地方で300ミリを超える大雨となっている。西日本、東海地方では8日昼頃にかけ、非常に激しい雨が降り、猛烈な雨が降る所もある見込み。関東甲信地方、北陸地方では7日夜から8日にかけて、東北地方では8日から9日にかけて、非常に激しい雨が降る見込み。土砂災害、河川の増水や氾濫、低地の浸水に厳重に警戒。

<暴風・高波>台風の中心付近では猛烈な風が吹いている。8日にかけ西日本や東海地方を中心に非常に強い風が吹く見込み。海はうねりを伴い大しけとなる。暴風や高波に厳重に警戒。

<高潮>大潮の時期にあたり、満潮時間帯を中心に高潮のおそれ。

<竜巻突風>竜巻などの激しい突風は台風から離れた場所でも発生、十分注意。


 今後の予想を含めた最新の情報は各地の気象台が発表した気象情報をご利用ください。

 【本報道発表に関するお問い合わせ】
  気象庁予報部予報課  03-3211-8303

資料全文


最新の気象情報


Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

このページのトップへ