キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

台風第5号の今後の見通しについて(8月6日11時20分)

報道発表日

平成29年8月6日

本文

 強い台風第5号は、九州南部にかなり接近しており、上陸のおそれもあります。6日はゆっくりした速度で九州南部を北東に進み、7日は四国・中国・近畿地方、8日は北陸地方に達する見込みです。
 台風の動きが遅いため、すでに大雨が長時間続き、土砂災害などの危険度が高くなっている地域があります。今後、各地で大雨による災害の危険度が高くなる見込みです。

<大雨>奄美地方では総降水量が600ミリ超の記録的な大雨となっている。九州南部では6日9時までの24時間降水量が300ミリを超える地域がある。今後、 東日本、西日本の広い範囲で、非常に激しい雨、局地的には猛烈な雨を伴い大雨となる。土砂災害、河川の増水や氾濫、低地の浸水に厳重に警戒。

<暴風・高波>台風の中心付近では猛烈な風が吹いており、今後、台風の勢力はやや弱まるが、西日本では広く非常に強い風が吹く見込み。海はうねりを伴い大しけとなる。暴風や高波に厳重に警戒。

<高潮>大潮の時期にあたるため、進路にあたる湾・沿岸では、満潮時間帯を中心に高潮に警戒。

<竜巻突風>竜巻などの激しい突風は台風から離れた場所でも発生、十分注意。

今後の予想を含めた最新の情報は各地の気象台が発表した気象情報をご利用ください。

【本報道発表に関するお問い合わせ】
  気象庁予報部予報課  03-3211-8303

資料全文


最新の気象情報


Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

このページのトップへ