キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

7月の天候

報道発表日

平成29年8月1日

概要

2017年(平成29年)7月の天候の特徴は以下のとおりです。

  • 北・西日本で気温がかなり高かった
    本州付近では、暖かい空気が流れ込みやすく、また高気圧に覆われやすかった時期があり、北・西日本では月平均気温がかなり高かった。
  • 北日本太平洋側で日照時間がかなり多かった
    梅雨前線の影響を受けにくく、晴れる日が多かったため、北日本太平洋側の月間日照時間はかなり多かった。
  • 「平成29年7月九州北部豪雨」が発生するなど、北・東・西日本日本海側で局地的に大雨
    梅雨前線の活動が活発になった時期があったために、北・東・西日本日本海側では局地的に大雨となり、5~6日には「平成29年7月九州北部豪雨」が発生するなど、各地で河川の氾濫や土砂災害などが発生した。また、東日本日本海側の月降水量はかなり多かった。

本文

1 概況
 本州付近は暖かい空気が流れ込みやすく、また高気圧に覆われやすかった時期があり、北・西日本の月平均気温はかなり高かった。北日本では、上旬から中旬にかけて気温が特に高くなった時期があり、北海道でも各地で真夏日を観測した。また、梅雨前線の影響を受けにくかった北日本太平洋側では晴れる日が多く、月間日照時間がかなり多くなった。
 梅雨前線は日本海から北陸地方や東北日本海側に停滞することが多く、太平洋高気圧は日本の南海上で北西への張り出しが強かった。太平洋高気圧の縁を回って西から暖かく湿った空気が流れ込みやすく、梅雨前線の活動が活発になった時期があったために、北・東・西日本日本海側を中心に局地的に大雨となった。5~6日に、西日本日本海側では「平成29年7月九州北部豪雨」が発生するなど、記録的な大雨となったところがあった。23日には、梅雨前線に伴う大雨によって秋田県では雄物川などが氾濫した。月降水量は東日本日本海側でかなり多く、北日本日本海側で多かった。一方、梅雨前線の影響を受けにくかった東・西日本太平洋側の月降水量は少なかった。
 7月には8個の台風が発生した。そのうち、2日に沖縄の南で発生した台風第3号は、3~5日に先島諸島から本州付近へ進んだ。また、21日に南鳥島近海で発生した台風第5号は28日に小笠原諸島に接近し、26日にフィリピンの東で発生した台風第9号は29日に先島諸島に接近した。
 沖縄・奄美では太平洋高気圧に覆われやすかったため、月平均気温は高く、月降水量は少なかった。
 


2 気温、降水量、日照時間等の気候統計値
(1)平均気温
 北・西日本でかなり高く、東日本と沖縄・奄美で高かった。釧路(北海道)、輪島(石川県)など4地点で7月の月平均気温の高い方から1位の値を更新し、萩(山口県)、人吉(熊本県)など7地点で7月の月平均気温の高い方から1位タイの値を記録した。
(2)降水量
 東日本日本海側でかなり多く、北日本日本海側で多かった。伏木(富山県)では7月の月降水量の多い方から1位の値を更新した。一方、東・西日本太平洋側と沖縄・奄美では少なかった。八丈島(東京都)では7月の月降水量の少ない方から1位の値を更新した。北日本太平洋側と西日本日本海側では平年並だった。
(3)日照時間
 北日本太平洋側でかなり多く、北日本日本海側と東日本太平洋側で多かった。苫小牧(北海道)、沖永良部(鹿児島県)、南大東島(沖縄県)では7月の月間日照時間の多い方から1位の値を更新した。東日本日本海側、西日本、沖縄・奄美では平年並だった。

2017年7月の平均気温・降水量・日照時間の平年差比図

問い合わせ先

(観測値や記録について)
 気象庁観測部計画課情報管理室
 電話 03-3212-8341(内線)4154
(天候の解説について)
 気象庁地球環境・海洋部気候情報課
 電話 03-3212-8341(内線)3154

資料全文

関連資料


Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

このページのトップへ