キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

平成29年7月5-6日の福岡県・大分県での大雨の発生要因について ~上空寒気による不安定の強化と猛烈に発達した積乱雲による線状降水帯~

報道発表日

平成29年7月14日

概要

7 月 5-6 日に発生した福岡県・大分県での大雨では、対馬海峡付近に停滞した梅雨前線に向かって大気下層に大量の暖かく湿った空気が流入するとともに、上空に平年よりも気温が低い寒気が流入したため、大気の状態が非常に不安定となっていました。 このような大気状態が持続する中、九州北部にあった地表の温度傾度帯(冷たい空気と暖かく湿った空気の境界)付近で積乱雲が次々と発生しました。上空の寒気の影響でそれらが猛烈に発達し、東へ移動することで線状降水帯が形成・維持され、同じ場所に強い雨を継続して降らせました。

本文

詳細は下記の資料をご参照下さい。

問い合わせ先

気象研究所企画室 広報担当
電話:029-853-8535 )

資料全文

※【内容訂正】資料1ページ目の下の9行目、「玄海灘」から「玄界灘」に訂正しました(7月14日)。
Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

このページのトップへ