キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

数値予報モデル開発懇談会(第1回)の開催について

報道発表日

平成29年7月13日

概要

気象庁では、数値予報モデル開発における大学等研究機関との連携を強化し、数値予報の更なる精度向上に資するため、「数値予報モデル開発懇談会」(第1回)を7月20日(木)に開催します。

本文

 数値予報*は、日々の天気予報や防災気象情報の基盤技術であり、年々高度化・複雑化しています。その更なる予測精度向上を目指すには、気象庁内の開発のみならず、大学等の研究機関が持つ最新の研究成果や知見を結集して数値予報モデル開発に取り組むことが重要となっています。
 このため、大学等研究機関の専門家に参画いただき、数値予報の予測精度向上に資することを目的として、「数値予報モデル開発懇談会」(第1回)を下記のとおり開催します。

            記

1.日時 平成29年7月20日(木)13時30分~15時30分
  
2.場所 気象庁大会議室(気象庁5階)
  
3.議事(予定):
 ①気象庁の現業数値予報モデルの現状と課題の共有
 ②大学等研究機関と気象庁の連携のあり方について
  
4.懇談会委員
  別紙のとおり
  
5.当日の傍聴・取材について
  ・傍聴は可能ですが、会場の都合上、希望される方はあらかじめ、7月18日(火)17時までに以下の連絡先までご連絡願います。また、場合によっては、席を準備できない場合もありますのでご了承願います。
  ・写真・映像等のカメラ撮影は、冒頭のみ可とさせていただきます。
  ・後日速やかに、議事要旨を公表します。
  

* 「数値予報」については、こちらをご覧ください。

問い合わせ先

(全般に関すること)
 気象庁総務部企画課
 電話 03-3212-8341(内線)2227
(傍聴・頭撮りに関すること)
 気象庁総務部総務課広報室
 電話 03-3212-8341(内線)2311

資料全文


Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

このページのトップへ