キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

「気象データ高度利用ポータルサイト」を開設しました

報道発表日

平成29年3月3日

概要

幅広い目的で気象データに触れて頂けるよう、「気象データ高度利用ポータルサイト」を開設しました。気象庁情報カタログのご利用や、XML 電文、過去の気象データ(CSV 形式)等を取得して頂けます。

本文

 近年のIoT、人工知能(AI)、ビッグデータ等に関する技術の発展により、多様な産業界において、データを収集・分析する基盤が整いつつあります。そこで、気象庁では、様々なサービスの開発シーンなど幅広い目的で気象データに触れて頂けるよう、「気象データ高度利用ポータルサイト」を開設しました。

 ポータルサイトには、気象庁が提供するデータを解説した気象庁情報カタログや、観測地点位置データなどの気象データと組み合わせて分析が可能なデータ、気象データの利活用事例などを掲載しています。また、アメダス等の過去の気象データをCSV形式で取得することや、XML電文を取得することもできます。

 本ポータルサイト内にXML電文「”PULL型”の提供」ページを開設し、XML電文を任意のタイミングで電文を取得することが可能となりました。また、数値予報結果等のメッシュデータ(GPVデータ)のサンプルも掲載しており、気象データの高度利用につなげていただけます。これらコンテンツは今後も随時拡充していく予定です。

 本取組は、国土交通省生産性革命プロジェクト「気象ビジネス市場の創出」の一環として進めるものです。

【気象データ高度利用ポータルサイト】
 http://www.data.jma.go.jp/developer/index.html    

問い合わせ先

気象庁総務部企画課
03-3212-8341(内線2228)

資料全文


Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

このページのトップへ