キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

12月の天候

報道発表日

平成29年1月4日

概要

2016年(平成28年)12月の天候の特徴は以下のとおりです。

  • 月平均気温は東日本以南でかなり高く、沖縄・奄美では記録的高温となった
    東日本以南では北からの寒気の影響を受けにくく、月平均気温はかなり高かった。特に、沖縄・奄美では、月平均気温平年差が+1.8℃と、12月として1位の高温(統計開始は1946年)となった。
  • 月降水量は東日本太平洋側と西日本でかなり多く、北日本太平洋側でも多かった
    低気圧が発達しながら日本付近を通過してまとまった降水量となった日があり、月降水量は東日本太平洋側と西日本でかなり多く、北日本太平洋側でも多かった。
  • 東北地方以南では月降雪量が少なかった
    東北地方以南では、北からの寒気の影響が弱く、月降雪量が少なかった。

本文

1 概況
 数日の周期で低気圧が通過し、低気圧の通過後は北日本を中心に冬型の気圧配置になった。低気圧が発達しながら日本付近を通過してまとまった降水量となった日があり、月降水量は東日本太平洋側と西日本でかなり多く、北日本太平洋側でも多かった。
 北日本では、月平均気温は平年並だったものの、月の前半と月末には北海道地方を中心に低温の時期があったが、その間には高温となった時期もあり、気温の変動は大きかった。一方、東日本以南では、冬型の気圧配置は長続きせず、寒気の影響を受けにくかったため、月平均気温はかなり高かった。22日には、日本海の発達中の低気圧に向かって全国的に南よりの強い風を伴って気温が上昇し、東日本日本海側と西日本の各地で12月として記録的な高温となった。また、沖縄・奄美では、月平均気温平年差が+1.8℃と、12月として1位の高温(統計開始は1946年)となった。
 月降雪量は、北海道地方では平年並だったものの、低気圧の影響で局地的に大雪となった日があった。一方、東北地方以南では、北からの寒気の影響は弱く、月降雪量は少なかった。  

2 気温、降水量、日照時間等の気候統計値
(1)平均気温
 東・西日本、沖縄・奄美でかなり高くかった。那覇、名護(以上、沖縄県)など5地点で月平均気温の高い方から1位の値を更新した。北日本で平年並だった。
(2)降水量
 東日本太平洋側、西日本でかなり多く、北日本太平洋側で多かった。山口、萩(ともに山口県)では月降水量の多いほうから1位の値を更新した。沖縄・奄美では少なかった。北・東日本日本海側では平年並だった。稚内(北海道)で月降水量の少ない方から1位の値を更新した。
(3)日照時間
 北日本日本海側、東日本で多かった。北日本太平洋側、西日本、沖縄・奄美では平年並だった。
(4)降雪・積雪
 降雪の深さ月合計は東・西日本でかなり少なく、北日本日本海側で少なかった。北日本太平洋側では平年並だった。
 月最深積雪は、北日本で多いところが多く、東・西日本では少ないところが多かった。

2016年12月の平均気温・降水量・日照時間の平年差比図

問い合わせ先

(観測値や記録について)
 気象庁観測部計画課情報管理室
 電話 03-3212-8341(内線)4154
(天候の解説について)
 気象庁地球環境・海洋部気候情報課
 電話 03-3212-8341(内線)3154

資料全文

関連資料


Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

このページのトップへ