キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

講演「衛星による地球観測」
森山 隆 宇宙開発事業団地球観測システム本部地球観測推進部主任開発部員

要旨

宇宙開発事業団では、衛星による地球観測の情報を、研究機関・大学・自治体・民間等のさまざまなユーザーに提供している。地球観測分野における事業は、地球観測システムの構築による地球科学研究への貢献、実利用の促進、技術開発の推進等があり、これらの事業により、地球環境問題解決、国際社会及び国民生活への貢献をめざしている。

衛星による地球観測は、日本においては、GMS、MTSATの気象衛星ミッションの他、主にADEOS,ADEOS-II やGCOMなどによる広域観測、TRMMからATMOSなどによる降雨等の日変化観測、JERS-1,ADEOS,ALOSなどによる陸域観測などがある。

これら陸域、大気、海洋の観測は、国際的に協力・分担して行っており、日米欧の衛星による観測が継続されるようにするほか、センサーを相互に供給することにより、観測の効率化、センサーの搭載機会の増大、研究者の交流を図っている。

これら衛星による観測により、一例として、TRMM衛星より得られた情報から、エルニーニョ発生の有無により降雨域が明確に異なることが裏付けられるなど、多くの成果が得られている。

このページのトップへ