キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

竜巻等突風予測情報改善検討会

開催趣旨

気象庁では、平成18 年9 月の宮崎県延岡市、同年11 月の北海道佐呂間町の 竜巻による被害を受け、有識者による検討会において竜巻などの激しい突風に 関する気象情報のあり方とその利活用について検討するとともに、竜巻等の突 風に対する監視・予測技術の開発を進め、平成20 年3 月から「竜巻注意情報」 の発表を、平成22 年5 月からは「竜巻発生確度ナウキャスト」の提供を開始した。

竜巻等の突風は、その発現時間が短く、空間的にも極めて小規模であるため、 現在の科学技術を用いても現象発現の有無やその場所と時刻を的確に予測する ことは難しいものである。このことから、「竜巻注意情報」や「竜巻発生確度ナ ウキャスト」は、突風発生の可能性が通常よりも極めて高い気象状況であるこ とを伝えることにより、突風被害の防止・軽減に資することを目的として発表 している。

今般、平成24 年5 月6 日に茨城県つくば市等で竜巻による被害が発生したこ とを踏まえ、気象庁では、これらの情報の現状並びに住民への伝達と利活用に おける課題等を整理し、今後の情報の改善に向けた検討を行うこととした。

上記の検討を行うため、学識経験者、報道機関等から構成される「竜巻等突 風予測情報改善検討会」を開催する。検討会では、竜巻等の突風に対する監視・ 予測技術の高度化の可能性及び中長期的な開発の方向性を検討するとともに、 竜巻等突風予測情報の発表、伝達のあり方及び住民への利活用推進策等につい て検討を行うこととする。


検討内容

  • 竜巻等の突風に対する監視・予測技術の高度化の可能性及び中長期的な開発の方向性
  • 竜巻等突風予測情報の発表、伝達のあり方
  • 住民への利活用推進策



報告書


第3回

平成24年7月17日 15時00分~ 於:気象庁講堂 

議事概要

当日配付資料


第2回

平成24年7月3日 10時00分~ 於:気象庁大会議室 

議事概要

当日配付資料


第1回

平成24年5月31日 14時00分~ 於:気象庁大会議室 

議事概要

当日配付資料


平成19・20年度突風等短時間予測情報利活用検討会の資料

Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

このページのトップへ