キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

平成20年度突風等短時間予測情報利活用検討会

開催趣旨

平成18 年9月の宮崎県延岡市、11 月の北海道佐呂間町など、竜巻等の突風による大きな災害が相次ぎました。

気象庁では、雨と風の動きを3次元で連続的に監視できる気象ドップラーレーダーの整備や、数値予報モデルの精緻化を進めるとともに、竜巻等の突風や短時間強雨、雷(以下、これらを「突風等」と言う。)など、非常に激しい現象に対する監視・予測の技術開発を進めてきました。平成20年3月からは、身の安全を確保することを目的とした新たな気象情報「竜巻注意情報」の発表を開始しました。更に、平成22年度からは、竜巻等の突風や短時間強雨、雷の危険度を格子点形式として表す「突風等短時間予測情報(仮称)」を提供できるよう、準備を進めているところです。

この「突風等短時間予測情報(仮称)」は、発現時間が短く、空間的にも極めて小規模で、非常に激しい現象を対象としていることから、現在の科学技術を最大限に活かしても、すべてを捕らえられるわけではありません。このような情報を有効に活用し、防災・減災の効果を挙げるためには、情報の内容や留意事項等について、利用者に十分理解してもらう必要があります。

これに対処するため、気象庁では、平成19年度に引き続き、学識経験者、地方公共団体、報道機関等による『突風等短時間予測情報利活用検討会』を開催し、利用上の留意点や利用例等を整理して、必要な周知・広報策について検討を行うこととしました。

検討内容及びスケジュール

突風等の危険度を格子点形式として表す「突風等短時間予測情報(仮称)」を平成22年度から提供開始することについて、防災を踏まえた適切な活用がなされるよう、次のことを検討します。

○予測情報の「竜巻等突風」について、利用方法や留意点の基本的な考え方を整理し、「竜巻注意情報」と組み合わせた利用や特定目的の事業者による利用例、一般向け解説、周知・広報の方法等について検討を行います。検討結果は、ガイドラインとしてまとめ、今年度末に公表する予定です。

○予測情報の「雷」について、開発の状況を示しながら、防災に係る情報としての利活用について検討します。

冊子「竜巻などの激しい突風に関する気象情報の利活用について」

本検討会での検討結果をうけ、竜巻などの激しい突風に関する気象情報について、効果的な利用法や利用上の留意点等を示した解説書である「竜巻などの激しい突風に関する気象情報の利活用について」を公表しました。

 本冊子は、以下のアドレスから参照いただけます。
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/toppuu/rikatsuyou.html

第3回

平成21年3月11日 13時30分~ 於:気象庁大会議室 

議事概要

当日配付資料

第2回

平成20年11月25日 13時30分~ 於:気象庁大会議室 

議事概要

当日配付資料

第1回

平成20年7月29日 13時30分~ 於:気象庁大会議室 

議事概要

当日配付資料

Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

このページのトップへ