キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。



緊急速報メールの配信について

お知らせ

  • 平成27年11月19日11時より、気象等及び噴火に関する特別警報の「緊急速報メールでの配信を開始しました。(これにより、気象庁発表の全ての特別警報が緊急速報メールで配信)

  •  【参考】 配信開始に関する報道発表資料
     【参考】 ポスター

特別警報等の「緊急速報メール」での配信

 「緊急速報メール」は、携帯電話事業者(NTTドコモ、KDDI・沖縄セルラー(au)、ソフトバンク)が無料で提供するサービスで、国や地方公共団体による災害・避難情報等を、回線混雑の影響なく、特定のエリア内の対応端末(スマートフォン・携帯電話)に一斉に配信するものです。

 気象庁が発表する防災気象情報のうち、気象庁から「緊急速報メール」により配信するものは、次のとおりです。(気象庁発表の全ての特別警報が緊急速報メールで配信されます)
  ■緊急地震速報(警報)
  ■大津波警報・津波警報
  ■気象等(大雨、暴風、高潮、波浪、暴風雪、大雪)に関する特別警報
  ■噴火に関する特別警報
※対象市町村に初めて発表したときに関係するエリアに配信されます。  


 【緊急速報メール配信の流れ】
緊急速報メール配信の流れ イメージ図

 【配信イメージ】
配信メール画面 イメージ図


 携帯電話で緊急速報メールを受信したときには、専用の着信音の鳴動がありますが、着信音等は携帯電話事業者のウェブサイトから確認することができます。機種によっては、受信できない場合や、受信するための設定が必要な場合があります。また、電源を切っている場合、機内モードを設定している場合、電波状態が悪い場所、通話中・パケット通信中など、緊急速報メールを受信できないことがあります。

特別警報を「緊急速報メール」で受信したときは

  • 特別警報は、重大な災害の起こるおそれが著しく大きい場合に発表します。(特別警報は、緊急速報メールのほか、テレビやラジオ、自治体の防災無線等でも流れます)
  • 特別警報を見聞きした場合には、落ち着いて、周囲の状況や自治体の避難情報を確認して、速やかに危険回避の対応をするなど、適切な行動をとってください。
  • 気象情報・注意報・警報や危険度を表すメッシュ情報など、気象庁が段階的に発表する防災気象情報をもとに、早め早めの警戒、防災対応を心がけてください。

<それぞれの現象の留意事項>

関連リンクについて

このページのトップへ