キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。



「急な大雨」による災害


発達した積乱雲がもたらす大雨は、雷を伴って短時間に狭い範囲で激しく降ります。
降り始めから、わずか十分程度で中小河川が増水したり、低地や道路のアンダーパス(線路や道路をくぐる地下部分)が冠水し、災害が発生することがあります。
また、川の上流で降った大雨により急に増水し、大雨が降っていない下流で水難事故が発生することがあります。

 
増水した河川 地下道へ勢いよく流れ込む雨水
おだやかな小川が、急に激しい流れに変わります。
(写真:水害レポート2010より)
地下に水が流れ込むと逃げられなくなります。
(写真提供:国土交通省 九州地方整備局)

急な大雨による災害例

発生日 災害の概要 発生場所
平成26年8月1日 中洲のキャンプ場から、増水した川を渡ろうとした車が流され、母子3名が死亡 神奈川県山北町
平成21年8月19日 ガーブ川の急な増水により、工事作業員が流され、4名死亡 沖縄県那覇市
平成20年8月5日 下水管内の急な増水により、工事作業員が流され、5名死亡 東京都豊島区
平成20年7月28日 都賀川の急な増水により、遊びに来ていた児童らが流され、5名死亡 兵庫県神戸市
平成20年7月27日 湯檜曽川の急な増水により、沢遊び中の観光客が流され、1名死亡 群馬県みなかみ町
平成20年7月8日 呑川の河道内での作業中、急な増水により作業員が流され、1名死亡 東京都大田区


平成20年7月28日には、神戸市の都賀川で、児童ら5人が増水した川に流されて亡くなるという痛ましい事故が起きています。
この時は、上流で降った大雨により、わずか10分で川の水位が1m30cmも上昇しました。

増水前の都賀川 増水時の都賀川
増水前の都賀川
(写真提供:神戸市)
増水時の都賀川
(写真提供:神戸市)


また、平成11年7月21日には、東京都新宿区で、地下室に流れ込んできた水の水圧でドアが開けられず、逃げ遅れた1人が水死する事故も起きています。

このページのトップへ