キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。



季節予報に関するQ&A

予報表現について

  1. 期間を平均しない予報はできませんか?
  2. 天気予報や週間天気予報のように、県ごとやさらに細分した区域ごとに予報できませんか?
  3. 今の季節予報では、気温、降水量、日照時間、降雪量の確率を予報していますが、晴れや雨といった天候を予報することはできませんか?
  4. なぜ全般季節予報と地方季節予報の2種類があるのですか?

3つの階級について

  1. 暖冬や冷夏はどのように決められているのですか?
  2. 3つの階級ではなく、「平均気温が平年より1.0℃以上高くなる」というような具体的な数値を用いた予報はできませんか?
  3. 2階級(「低い」と「高い」)のみの方が分かりやすいのですが、どうして3つの階級に分けるのですか?
  4. 平年値や平年並の範囲がどれくらいの値なのかが分かりません。
  5. 「平年並」の範囲について、具体的な値を知りたいのですが。

確率表現について

  1. 確率を使わない予報はできませんか?
  2. 降水確率予報のように1つの数字で予報することはできませんか?
  3. 平均気温の予報で、20:40:40という確率値と30:30:40という確率値はどちらが気温が高くなる可能性が大きいですか?
  4. 3か月予報で月ごとの平均気温が3か月とも20:40:40なのに3か月平均気温が20:30:50となっている予報を見たことがあるのですが、なぜ3か月平均すると確率が変わってしまうのですか?

季節予報資料の利用について

  1. 季節予報で用いている資料を利用したいのですが。

このページのトップへ