キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。



南極・昭和基地での気象観測の歴史

越冬年 越冬隊次 トピックス 地上気象観測 高層気象観測 オゾン観測 日射放射観測
1957 1 南極での観測開始(気象観測) 気圧、気温、湿度、風向・風速の観測を開始
1958 2 越冬断念 観測中止
1959 3 観測再開(昭和基地の気象観測再開) 気圧、気温、湿度、風向・風速の観測を再開 高層気象観測開始
1961 5 全天日射量の観測開始 オゾン全量観測(ドブソン分光光度計)開始 全天日射量、直達日射量の観測開始 
1962 6 砕氷船「宗谷」退役により、昭和基地閉鎖(気象観測も中止) 観測中断 観測中断 観測中断
1966 7 砕氷船「ふじ」就役
昭和基地での観測再開
観測再開 観測再開 観測再開
オゾンゾンデ観測開始
1974 15 大気混濁度観測開始
1985 26 ヘリウムガスに切替
1991 32 散乱日射量、放射量、赤外放射量、B領域紫外域日射量、波長別紫外域日射量の観測開始
1997 38 地上オゾン濃度観測開始
1998 39 反射日射量、上向赤外放射量、上向B領域紫外域日射量の観測開始
1999 40 積雪の深さの観測開始
2005 46 降雪の深さの観測開始
Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

このページのトップへ