キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

津波について




津波はどのような仕組みで発生するのですか?

地震が起きると、震源付近では地面が持ち上がったり、下がったりします。震源が海底下で浅い場合、海底が持ち上がったり下がったりすることになります。その結果、周辺の広い範囲にある海水全体が短時間に急激に持ち上がったり下がったりし、それにより発生した海面のもり上がりまたは沈みこみによる波が周りに広がっていきます。これが津波です。

津波の発生



津波の前には必ず潮が引くと聞きましたが、本当ですか?

それは、間違いです。地震の発生の仕方によっては、いきなり大きな波が押し寄せることもあります。平成15年(2003年)十勝沖地震による津波や、2004年のスマトラ沖地震の際にスリランカやインドの沿岸に押し寄せた津波では、直前に潮が引くことなく大きな波が押し寄せました。



30cmの津波でも危険なのはなぜですか?

地震が起きると、震源付近では地面が持ち上がったり、下がったりします。震源が海底で地下浅い場合、海底が持ち上がったり下がったりすることになります。その結果、海面も持ち上がったり下がったりし、それが波となって周りに広がっていきます。これが津波です。

従って津波は、通常の海の波のように表面だけがうねっている波と大きく異なり、海底から海面まで全てが移動する大変スピードのある、エネルギーの大きな波です。

津波の高さが高くなってくると、それにつれて、海水の横方向(津波の進行方向)の動きも大きくなってきます。海水の横方向の動きが大きくなってくると、水深の浅いところでも立っていることが困難になってきます。海水中に立っているとき20~30センチ程度でも水かさがあがれば体が浮き上がり同時に横方向に押されればどうなるか想像できると思います。横方向の海水の動き(流速)についての海水浴場の安全基準としては、0.2~0.3m/秒程度以下が適当と言われており、0.3~0.35m/秒程度で遊泳注意・部分禁止となることが多いようです。津波の高さが0.2mを超えると、流速が0.3m/秒を超える例が多くなることが幾つかの調査で知られています。このこともあって、津波の高さが0.2mを超えると予測される海岸には、津波注意報を発表することにしています。

津波注意報が発表されたら海から上がって速やかに堤防より陸側に移動してください。津波の高さが1mを超えると木造家屋等に被害が出始めます。津波の高さが1m程度を超えると予測される海岸には津波警報が、さらに3m程度を超えると予測される海岸には大津波警報が発表されます。このときには、大至急、安全な高台などに避難してください。

また、沿岸近くで発生した津波には津波警報・注意報の発表が間に合わないこともあります。海岸付近で、強い揺れを感じたら念のため津波の発生に用心してください。



波浪と津波の違いは何ですか?

海域で吹いている風によって生じる波浪は海面付近の現象で、波長(波の山から山、または谷から谷の長さ)は数メートル~数百メートル程度です。一方津波は、地震などにより海底地形が変形することで周辺の広い範囲にある海水全体が短時間に持ち上がったり下がったりし、それにより発生した海面のもり上がりまたは沈みこみによる波が周囲に広がって行く現象です。

津波の波長は数キロから数百キロメートルと非常に長く、これは海底から海面までのすべての海水が巨大な水の塊となって沿岸に押し寄せることを意味します。このため津波は勢いが衰えずに連続して押し寄せ、沿岸での津波の高さ以上の標高まで駆け上がります。しかも、浅い海岸付近に来ると波の高さが急激に高くなる特徴があります。また、津波が引く場合も強い力で長時間にわたり引き続けるため、破壊した家屋などの漂流物を一気に海中に引き込みます。

津波

波浪と津波の違い(津波)
  海底から海面まで海水全体が押し寄せる

波浪

波浪と津波の違い(波浪)
  海面付近の海水だけが押し寄せる


津波の高さによってどのような被害が発生するのですか?

家屋被害については、建築方法等によって異なりますが、木造家屋では浸水1m程度から部分破壊を起こし始め、2mで全面破壊に至りますが、浸水が50cm程度であっても船舶や木材などの漂流物の直撃によって被害が出る場合があります。下表の津波波高(m)は、船舶・養殖筏など海上にあるものに対しては概ね海岸線における津波の高さ、家屋や防潮林など陸上にあるものに関しては、地面から測った浸水深となっています。

津波波高と被害程度(首藤(1993)を改変)

津波波高(m) 16 32 
木造家屋 部分的破壊 全面破壊
石造家屋       持ちこたえる   全面破壊
鉄筋コンクリートビル       持ちこたえる   全面破壊
漁船   被害発生 被害率50% 被害率100%
防潮林
  被害軽微   漂流物阻止
  津波軽減
部分的被害
漂流物阻止
全面的被害
無効果
養殖筏 被害発生
  前面が砕けた波による連続音
(海鳴り、暴風雨の音)
  浜で巻いて砕けた波による大音響
(雷鳴の音。遠方では認識されない)
  崖に衝突する大音響
(遠雷、発破の音。かなり遠くまで聞こえる)

※津波波高(m)は、船舶、養殖筏など海上にあるものに対しては概ね海岸線における津波の高さ、家屋や防潮林など陸上にあるものに関しては地面から測った浸水深となっています。
※上表は津波の高さと被害の関係の一応の目安を示したもので、それぞれの沿岸の状況によっては、同じ津波の高さでも被害の状況が大きく異なることがあります。
※津波による音の発生については、周期5分~10分程度の近地津波に対してのみ適用可能です。

検潮所における津波の高さと浸水深、痕跡高、遡上高の関係

津波の高さ



津波の高さ○mと予報される場合、どこの地点で言うのですか?例えば、海岸線ですか。内陸部100m地点等のことですか。

津波情報の中で発表している「予想される津波の高さ」は、海岸線での値であり、津波予報区における平均的な値です。場所によっては予想された高さよりも高い津波が押し寄せることがあり、その旨を津波情報に記載することでお伝えしています。また、現在の津波予測技術では、「予想される津波の高さ」の予想精度は、1/2~2倍程度です。

なお、「津波の高さ」とは、津波がない場合の潮位(平常潮位)から、津波によって海面が上昇したその高さの差を言います。

さらに、海岸から内陸へ津波がかけ上がる高さを「遡上高(そじょうこう)」と呼んでいますが、「遡上高」は気象庁から発表される「予想される津波の高さ」と同程度から、高い場合には4倍程度までになることが知られています。

どの地域が津波により浸水するおそれがあるかについては、自治体では津波ハザードマップ(津波浸水予測図)を作成しているところもありますので、自治体にお問い合わせ下さい。

津波注意報が発表された際には海岸や河口から離れ、津波警報が発表された際には、自治体が指定した避難場所や高台に、可能な限り早く避難することをお願いいたします。

また、津波警報・津波注意報が発表されていなくても、沿岸付近で強い揺れを感じた時や弱い揺れでも長い時間ゆっくりとした揺れを感じた時はすぐに避難してください。



津波予報の文中にある「海面変動」とは津波のことですか?

津波予報で発表される海面変動とは、津波警報・津波注意報を発表する基準には達しないものの、若干の津波が観測される可能性がある場合に用います。「津波」という言葉が災害を連想するため、若干の津波については被害を及ぼさない津波という安心情報を伝えるために、あえて「海面変動」という言葉を用いています。



日本で一番大きな津波は何ですか?

 2011年3月11日に発生した「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」による津波では、『東北地方太平洋沖地震津波合同調査グループ』による調査により、岩手県大船渡市の綾里湾で局所的に40.1mの遡上高(海岸から内陸へ津波がかけ上がった高さ)が観測されました。※
 記録に残っている中では、1896年の明治三陸津波(遡上高で約38.2mと推定:同じく岩手県大船渡市)を上回り、これまでに日本で記録された最大の津波となりました。
 ただし、これらはここ100年間程度の、記録が残されている範囲での値であり、それ以前にも同程度、あるいはより高い津波が日本の沿岸を襲った可能性があります。近年、過去の津波の痕跡から浸水範囲を推定する調査が進んでおり、今後、より大きな津波の証拠が見つかるかも知れません。

 ※東北地方太平洋沖地震津波合同調査グループ(http://www.coastal.jp/ttjt/)調査結果より



津波警報は、どのように伝えられるのですか?

 津波警報は、地域住民に対して、テレビ・ラジオなどのマスメディア、携帯電話の緊急速報メール、市町村の防災行政無線や鐘音・サイレン※など様々な方法を用いて伝えられます。

 ※火災の発生等の周知に同じ鳴らし方の鐘音・サイレンを使用している市町村もあります。なお、すべての市町村で鐘音・サイレンが使われているわけではありません。



津波警報発表時の緊急警報放送とはどのようなものですか?

 気象庁から津波警報が発表された時に、テレビ/ラジオなどの受信機から警報音を発し、お知らせするものです。
 テレビ/ラジオのスイッチが入っていない状態でも、緊急警報放送に対応した受信機を使用し待機状態としておけば、緊急警報放送受信時に自動的に起動し、津波警報の発表を知ることができます。
 緊急警報放送の詳しい説明については、日本放送協会(NHK)のウェブサイトをご参照ください。

このページのトップへ