キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

ロゴ ~こんにちは!気象庁です!平成29年2月号~

目次

竜巻注意情報の精度を向上させ、対象地域を絞り込むようにしました
平成28年12月の地震の状況
平成28年12月の火山の状況
平成28年12月の日本の天候
平成28年12月の世界の天候
平成28年11月の毎日の天気図
リーフレット版「こんにちは!気象庁です!」【PDF形式:約345KB】
内容
竜巻注意情報の精度を向上させ、対象地域を絞り込むようにしました

竜巻注意情報の精度を向上させ、対象地域を絞り込むようにしました

 竜巻などの激しい突風が起きる可能性が高くなると、各地の気象台から竜巻注意情報が発表されます。竜巻注意情報はこれまで概ね県単位で発表していましたが、利用者の方にこれまで以上に自らの危険として認識していただけるように、平成28年12月15日から天気予報と同じ細分区域に絞り込んで発表するようにしました(図参照)。
竜巻注意情報の発表区域の絞り込みの効果の例

 発表区域を絞り込むということは、いわば「的を小さくする」ことなので、当てるのが難しくなります。そこで、小さくなった発表区域に対しても適切に竜巻注意情報を発表できるように、次のような予測技術の改善を行いました。
 まず、竜巻発生に関する最新の知見を取り入れることで、竜巻などの激しい突風が起こりやすい気象条件をより適切に識別できるようになりました。また、竜巻発生の前兆である積乱雲の回転(メソサイクロン)の観測に、従来から使用していた気象庁のレーダー(20基)に加えて国土交通省高性能レーダ雨量計ネットワーク(XRAIN)(39基)も利用し、予測精度を高めました。さらに、突風による被害が発生した際に各地の気象台が現地調査を行うことにより積み重ねられてきた、いつ・どこで突風が発生したかというデータを活用し、竜巻などの激しい突風が発生するタイミングをより適切に予測できるようになりました。
 これらの改善の効果を平成24年4月~26年9月のデータで検証した結果、従来の予測技術では概ね県単位の発表で捕捉率(実際に竜巻などの激しい突風が発生した場合に、事前に竜巻注意情報が発表されていた割合)が約40%、適中率(竜巻注意情報を発表したケースの中で、実際に竜巻などの激しい突風が発生した割合)が約3%であったのに対して、改善後の予測技術を用いた場合は、発表区域を絞り込んで発表しても、捕捉率約70%、適中率約14%という高い成績が得られました。
 竜巻注意情報が発表されたときは、竜巻などの激しい突風に遭遇する可能性が高まっています。竜巻注意情報が発表されたら、まずは空の様子を見回して、空が急に真っ暗になる、大粒の雨が降り出す、雷鳴が聞こえるなど、積乱雲が近づく兆候が確認された場合には頑丈な建物に避難するなど身の安全を確保してください。また、竜巻などの激しい突風が起きる可能性を10km格子ごとに1時間先まで予測する竜巻発生確度ナウキャストを利用することにより、どの地域で可能性が高まっているかを確認できます。
 竜巻注意情報と竜巻発生確度ナウキャストは気象庁ホームページでご覧いただけます。これらの情報を有効に活用して、竜巻などの激しい突風から身を守ってください。

<気象庁ホームページ>
竜巻注意情報
竜巻発生確度ナウキャスト
高解像度降水ナウキャスト(竜巻発生確度ナウキャストも同時に表示可能)



平成28年12月の地震の状況

平成28年12月の火山の状況

   

平成28年12月の日本の天候

平成28年12月の世界の天候

沖縄地方~中国南東部、モンゴル~パキスタン南部の高温

 沖縄地方から中国南東部、モンゴルからパキスタン南部で異常高温となりました。月平均気温は、沖縄県の南大東島で21.1℃(平年差+1.7℃)、中国のコワントン(広東)省スワトウ/シャントウ(汕頭)で18.8℃(平年差+2.8℃)、モンゴル西部のアルタイで-10.4℃(平年差+4.7℃)、中国のカンスー(甘粛)省トゥンホワン(敦煌)で-3.1℃(平年差+3.0℃)、ミャンマー南部のヤンゴンで27.5℃(平年差+2.5℃)、パキスタン南部のカラチ国際空港で23.4℃(平年差+2.9℃)でした。

トルコ及びその周辺の低温

 トルコ及びその周辺で異常低温となりました。トルコ北西部のブルサでは、月平均気温が2.9℃(平年差-4.5℃)でした。

ヨーロッパ南東部~アイルランドの少雨

 ヨーロッパ南東部からアイルランドで異常少雨となりました。月降水量は、ルーマニアのブカレストで3mm(平年比7%)、ドイツ南西部のフランクフルトで9mm(平年比19%)、アイルランド西部のシャノンで月降水量0mm(月降水量平年値108.8mm)でした。フランスの月降水量は、12月としては1959年以降で最も少なくなりました(フランス気象局)。

図 月平均気温平年差分布図・月降水量平年比階級分布図

月平均気温平年差分布図 月降水量平年比階級分布図

図をクリックすると、大きな図がご覧になれます。

平成28年11月の毎日の天気図

Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

このページのトップへ