キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

ロゴ ~こんにちは!気象庁です!平成29年1月号~

目次

開始から50年を迎えた東経137度線の海洋観測が “POMA賞” を受賞
気象科学館の年末年始のお休みについて
平成28年11月の地震の状況
平成28年11月の火山の状況
平成28年11月の日本の天候
平成28年11月の世界の天候
平成28年10月の毎日の天気図
リーフレット版「こんにちは!気象庁です!」【PDF形式:約470KB】
内容
開始から50年を迎えた東経137度線の海洋観測が “POMA賞” を受賞

開始から50年を迎えた東経137度線の海洋観測が “POMA賞” を受賞

気象庁の海洋気象観測船 凌風丸Ⅱ世(1966~1995)※現在は凌風丸Ⅲ世と啓風丸Ⅱ世の二隻体制
気象庁の海洋気象観測船 凌風丸Ⅱ世(1966~1995)※現在は凌風丸Ⅲ世と啓風丸Ⅱ世の二隻体制

 気候変動に関連する海洋変動を把握するためには、海洋の長期にわたる正確な監視と、観測データの適切な管理が不可欠です。そのことから、北太平洋海洋科学機関(PICES:North Pacific Marine Science Organization)※では、長期の海洋モニタリングとデータマネージメントを実施し、北太平洋の海洋科学の進歩に貢献した機関やグループに対して2008年からPOMA賞( PICES Ocean Monitoring Service Award)を贈呈しています。

 11月2日(水)から13日(日)に米国・サンディエゴにおいて開催されたPICESの2016年年次総会において、1967年の開始から今年で50年を迎えた、北緯34度から3度に到る(開始当初は南緯1度まで)東経137度線における当庁の海洋観測が、POMA賞を受賞しました。今回の受賞は、世界的にも例がない50年という長期間にわたって観測を継続してきたこともさることながら、観測開始からのすべてのデータを公開し、国内外の研究者に利用され、北西太平洋の海洋構造や気候変動・物質循環変動に係わる海洋物理・生物地球化学の長期変動に関する成果に結び付いたことによります(100編以上の学術論文として出版され、最近の成果については、「気候変動に関する政府間パネル第5次評価報告書(2013)」にも7編の論文が引用されています)。

POMA賞受賞の記念撮影 左: Laura Richards PICES議長(カナダ) 右: Thomas Therriault PICESサイエンスボード議長(カナダ) 表彰状 楯
左:POMA賞受賞の記念撮影 中央:表彰状 右:楯


 ※北太平洋海洋科学機関(PICES:North Pacific Marine Science Organization):北太平洋の海洋調査を促進・調整し、海洋環境、気候変動、生物資源等に関する科学的知識を向上させることを目的として、「北太平洋の海洋科学に関する機関のための条約(1992年3月発効)」に基づいて設置された政府間機関で、現在6か国(日本、カナダ、中国、米国、ロシア及び韓国)が加盟しています。PICESの略称は、100年以上前に設置された北大西洋の科学機関で欧州と北米の20か国が加盟するICES(国際海洋開発理事会:International Council for the Exploration of the Sea)の太平洋版(Pacific ICES)として名付けられました。近年は、地球規模の気候変動と太平洋の関係に特に注目し、水産業など人間にとっての海洋便益に対する気候変動影響の評価と予測を重要な事項として取り扱っています。





気象科学館の年末年始のお休みについて

 気象科学館は、平成28年12月29日(木)~平成29年1月3日(火)まで、お休みをいただきます。

 (気象科学館について)
 気象庁では、現在の気象業務や、災害から身を守る方法を知っていただくために、映像や機械の展示などを中心とした「気象科学館」を設けております。
 年末年始を除き、10時~16時まで開館しております。土日、祝日(年末年始を除く)は、気象予報士が説明員として常駐しております。

平成28年11月の地震の状況

平成28年11月の火山の状況

   

平成28年11月の日本の天候

平成28年11月の世界の天候

シベリア北部~グリーンランド東部の高温

 シベリア北部からグリーンランド東部で異常高温となりました。月平均気温は、東シベリア北部のコテリヌイ島で-15.2℃(平年差+6.5℃)、ノルウェーのスバールバル諸島で-0.7℃(平年差+7.5℃)でした。

北海道地方~モンゴル東部、中国北西部~西シベリア南部の低温

 北海道地方からモンゴル東部、中国北西部から西シベリア南部で異常低温となりました。月平均気温は、北海道の稚内で0.1℃(平年差-3.5℃)、中国のヘイロンチアン(黒竜江)省チチハル(斉斉哈爾)で-10.7℃(平年差-4.5℃)、カザフスタンのアスタナで-10.5℃(平年差-6.6℃)、西シベリア南部のタラで-13.7℃(平年差-7.3℃)でした。

中国北東部~カザフスタン東部の多雨

 中国北東部からカザフスタン東部で異常多雨となりました。月降水量は、モンゴル中部のブルガンで19mm(平年比500%)、中国のシンチアン(新疆)ウイグル自治区ウルムチ(烏魯木斉)で44mm(平年比224%)でした。

図 月平均気温平年差分布図・月降水量平年比階級分布図

月平均気温平年差分布図 月降水量平年比階級分布図

図をクリックすると、大きな図がご覧になれます。

平成28年10月の毎日の天気図

Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

このページのトップへ