キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

ロゴ ~こんにちは!気象庁です!平成28年5月号~

目次

~新しい空港気象ドップラーレーダーの運用開始~
平成28年3月の地震の状況
平成28年3月の火山の状況
平成28年3月の日本の天候
平成28年3月の世界の天候
平成28年2月の毎日の天気図
リーフレット版「こんにちは!気象庁です!」【PDF形式:約220KB】
内容
~新しい空港気象ドップラーレーダーの運用開始~

~新しい空港気象ドップラーレーダーの運用開始~


 気象庁では、航空機の離発着が多い9空港に空港気象ドップラーレーダーを設置しています。このレーダーは空港周辺の降水の強さを観測するとともに、レーダーから発射した電波が雨粒に反射される際のドップラー効果を利用することで、航空機の離着陸に重大な影響を及ぼす低層ウィンドシアー等、降水域内の風を観測しています。これらの情報は、管制官を通してパイロットに伝えられ、危険な領域を回避するなど、航空機の安全運航に有効に利用されています。

 これらのレーダーのうち、関西国際空港と東京国際空港(羽田空港)では、「二重偏波ドップラーレーダー」と呼ばれる新たな機能を持つレーダーとして更新し、関西国際空港では3月3日から、東京国際空港では3月10日から運用を開始しました。

 従来のレーダーは水平方向に振動する電波(水平偏波)のみを発射していましたが、新しいレーダーは水平偏波に加えて、垂直方向に振動する電波(垂直偏波)を発射し、水平偏波と垂直偏波の反射波を組み合わせて解析することで、落下する雨粒や雪の大きさや形を推定できるようになります。この技術により、雨の強さについてより正確に観測することが可能となります。さらに、降水粒子(雨、雪、雹(ひょう))の判別が可能となることから、新たなレーダー情報を提供することができるようになるものと期待しています。

  • 空港気象ドップラーレーダーによる観測
  • (参考)ドップラー効果
  • (参考)航空機の離着陸時における風との関わり


  • 空港気象ドップラーレーダーによる風の急変域の検出と航空機の安全運航への利用

    図1 空港気象ドップラーレーダーによる風の急変域の検出と航空機の安全運航への利用



    空港気象ドップラーレーダー

    図2 空港気象ドップラーレーダー (左:関西国際空港 右:東京国際空港)



    アンテナ

    図3 アンテナ(直径7m)



    図4 二重偏波による観測の仕組み

    二重偏波レーダーでは、降水粒子から返ってきた水平・垂直の2種類の受信波を組み合わせて解析することで、より精度良く降水強度を推定できるようになります。さらに、降水粒子の種類の判別など新たなレーダー情報の開発にも応用できるものと期待しています。


    空港気象ドップラーレーダーによる風の急変域の観測例

    図5 空港気象ドップラーレーダーによる風の急変域の観測例

    左:降水の強さの画像と風の急変域(マイクロバーストとシアーライン)の検出結果
    右:ドップラー速度の画像(暖色系の色はレーダーのある場所(画像の中心)から遠ざかる風、寒色系の色はレーダーのある場所に近づく風を表します)


    平成28年3月の地震の状況

    平成28年3月の火山の状況

       

    平成28年3月の日本の天候

    平成28年3月の世界の天候

    低緯度域各地の高温

     インドシナ半島西部からオーストラリア北部、インド南部、サウジアラビア及びその周辺、西アフリカ東部から中部アフリカ南部、モーリシャスから東アフリカ、中米、コロンビアからブラジル東部など、低緯度域各地で異常高温となりました。月平均気温は、オーストラリア北西部のニューマンで31.9℃(平年差+4.2℃)、インド南部のコジコーデで32.1℃(平年差+2.8℃)、サウジアラビア西部のメッカで31.5℃(平年差+4.1℃)、ニジェール南部のマラディで32.4℃(平年差+3.1℃)、モーリシャスのロドリゲス島で28.5℃(平年差+1.7℃)、メキシコ西部のマサトランで23.1℃(平年差+2.0℃)、ブラジル南東部のテオフィロオトニで27.7℃(平年差+2.2℃)でした。

    ヨーロッパ南東部及びその周辺の多雨

     ヨーロッパ南東部及びその周辺で異常多雨となりました。月降水量は、イタリア中部のテルモリで58mm(月降水量平年比236%)、アルジェリア北部のティアレットで97mm(月降水量平年比301%)でした。

    アルゼンチン北部及びその周辺の低温

     アルゼンチン北部及びその周辺で異常低温となりました。月平均気温は、アルゼンチン北部のコルドバ空港で18.6℃(平年差-2.2℃)でした。

    図 月平均気温平年差分布図・月降水量平年比階級分布図

    月平均気温平年差分布図 月降水量平年比階級分布図

    図をクリックすると、大きな図がご覧になれます。

    平成28年2月の毎日の天気図

    Adobe Reader

    このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
    お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

    このページのトップへ