キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

ロゴ ~こんにちは!気象庁です!平成28年4月号~

目次

日本最東端の観測地点~南鳥島気象観測所
平成28年2月の地震の状況
平成28年2月の火山の状況
平成28年2月の日本の天候
平成28年2月の世界の天候
平成28年1月の毎日の天気図
リーフレット版「こんにちは!気象庁です!」【PDF形式:約547KB】
内容
日本最東端の観測地点~南鳥島気象観測所

日本最東端の観測地点~南鳥島気象観測所

南鳥島
図1:南鳥島



 南鳥島(東京都小笠原村)は、東京から南東約1,860kmの太平洋上に位置しています。標高は最高で約9m、周囲約5.5kmの、隆起サンゴ礁でできた日本最東端の小さな島です(図1)。

 この南鳥島での気象観測は、昭和10(1935)年10月に海軍水路部気象班により開始されました。戦後は米軍の占領下でしたが、昭和43(1968)年の小笠原諸島日本返還以降は、気象庁が南鳥島気象観測所を設置し、防衛省の支援のもと気象観測を行っています。南鳥島には、現在、気象庁のほか、海上自衛隊及び関東地方整備局の職員が駐在していますが、一般の住民はいません。気象庁は常時10名ほどの職員が3か月交替で派遣されています。

 南鳥島気象観測所では、気温や降水量などの地上気象観測や高層気象観測を実施するとともに、南米チリ沖等の日本から遠く離れた太平洋で発生した地震に伴う津波(遠地津波)を、我が国沿岸に到達する前に捉えるために、平成8(1996)年から遠地津波観測を行っています。これら観測されたデータは、衛星等を経由し気象庁へ伝送され、気象警報・注意報、津波警報・注意報などの防災情報に活用されています。

 また、太平洋上の孤島であるため大都市域から遠く、人間活動の影響を直接受けないという利点を生かして、二酸化炭素をはじめとする温室効果ガス、大気中に浮遊する微粒子(エーロゾル)、酸性雨、日射や赤外放射の強さ、上空のオゾン量等の様々な地球環境観測を実施しています。世界でもこれだけ多様な観測を行っている観測所は稀といえます。南鳥島における観測は世界的に高く評価されており、平成5(1993)年に国連専門機関である世界気象機関(WMO:World Meteorological Organization)が構築する全球大気監視(GAW:Global Atmosphere Watch)計画において、地球規模の環境を観測するのに最も適していると認められた、国内で唯一、世界でもわずか30観測点(図2)しかない全球観測所の内のひとつです。このような環境で得られた貴重な観測データは、気象庁が運営するWMO温室効果ガス世界資料センター(WDCGG:World Data Centre for Greenhouse Gases)等を通じて公開しており、地球温暖化、酸性雨、オゾン層などの監視や、それらに関連する各種の施策立案の基礎データとして役立てられています。
図2:全球大気監視(GAW)計画の観測網。黄色の丸は全球観測所(WMOホームページより)
図2:全球大気監視(GAW)計画の観測網。黄色の丸は全球観測所(WMOホームページより)



 さらに、気象庁では平成23(2011)年から防衛省の協力を得て、職員が南鳥島に渡る際に乗る航空機を利用し、同島までの飛行経路上(高さ約6kmの対流圏中層)で大気試料を採取する温室効果ガス観測(図3)を実施しています。上空で採取した大気は気象庁に持ち帰って分析し、その結果を国内外に公表しています。この様な航空機による北西太平洋域での定常的な観測は、世界的に見ても希少な取り組みです。観測を継続しデータが蓄積されれば、これまで知られていなかった対流圏中層の温室効果ガスの分布や循環、ひいては地球温暖化のメカニズム解明につながることが大いに期待されています。


図3:航空自衛隊C-130H輸送機を利用しての温室効果ガス観測

平成28年2月の地震の状況

平成28年2月の火山の状況

   

平成28年2月の日本の天候

平成28年2月の世界の天候

低緯度域各地の高温

 ボルネオ島東部及びその周辺、インド南部からスリランカ、東アフリカ南部及びその周辺、南米北部、ブラジル東部からチリ中部、オーストラリア北部からインドネシアの南など、低緯度域各地で異常高温となりました。月平均気温は、インドネシアのバリクパパン(ボルネオ島)で28.7℃(平年差+1.8℃)、インド南部のハイデラーバードで27.7℃(平年差+2.4℃)、ジンバブエ南部のブラワヨで24.1℃(平年差+2.6℃)、コロンビアのボゴタで15.2℃(平年差+1.8℃)、ブラジル北東部のマラバで28.5℃(平年差+1.9℃)、オーストラリア北部のニュールンバイ/ゴヴ空港で29.8℃(平年差+2.2℃)でした。

西シベリア〜中央アジア西部の高温

 西シベリアから中央アジア西部にかけて異常高温となりました。月平均気温は、西シベリア北部のタルコサレで-10.8℃(平年差+12.1℃)、カザフスタン西部のアティラウで0.9℃(平年差+8.0℃)でした。

ロシア北西部〜ヨーロッパ南西部の多雨

 ロシア北西部からヨーロッパ南西部にかけて異常多雨となりました。月降水量は、ロシア北西部のムルマンスクで45mm(平年比205%)、オーストリア南部のクラーゲンフルトで126mm(平年比406%)、スペイン北部のビルバオで345mm(平年比437%)でした。

図 月平均気温平年差分布図・月降水量平年比階級分布図

月平均気温平年差分布図 月降水量平年比階級分布図

図をクリックすると、大きな図がご覧になれます。

平成28年1月の毎日の天気図

Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

このページのトップへ