キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

ロゴ ~こんにちは!気象庁です!平成26年4月号~

目次

5月の気象/~防災気象情報を活用して早めの避難を!~
平成26年2月の地震の状況
平成26年2月の火山の状況
平成26年2月の日本の天候
平成26年2月の世界の天候
平成26年1月の毎日の天気図
リーフレット版「こんにちは!気象庁です!」【PDF形式:約130KB】
内容
5月の気象/~防災気象情報を活用して早めの避難を!~

5月の気象/~防災気象情報を活用して早めの避難を!~


 気象庁は、大雨や強風などによって災害が起こるおそれのあるときは「注意報」を、重大な災害が起こるおそれのあるときは「警報」を、さらに、重大な災害が起こるおそれが著しく大きいときは「特別警報」を発表し注意や警戒を呼びかけます。

 特別警報の基準は、特に異常な現象を捕捉する気象要素とし、都道府県や市区町村の意見を聴取して定めました。警報や注意報の発表基準は、災害の発生と気象要素との関係を地域毎に調べ、都道府県などの防災機関と調整して決めています。

特別警報・警報・注意報の種類

情報の種類
 特別警報・警報・注意報は市町村等ごとに発表しています。
 テレビやラジオ放送では、重要な内容を簡潔かつ効果的に伝えられるよう、市町村等をまとめた地域の名称を用いて、警戒が必要な地域をお知らせする場合があります。


防災気象情報とその効果的な利用

 気象庁は、気象災害を防止・軽減するために特別警報・警報・注意報や気象情報などの防災気象情報を発表し、段階的に注意や警戒を呼びかけています。雨の中や夜間の避難は危険な場合があります。区市町村が発表する避難に関する情報に注意するとともに、川や崖など危険な場所には近付かず、早めの避難を心がけてください。
 各情報の発表タイミングや内容と、市町村などの防災機関の対応例や住民の皆さんにとっていただきたい行動の概要を大雨について以下にまとめました。

情報の種類
  • 土砂災害の危険度が非常に高まったときは、都道府県と共同で「土砂災害警戒情報」を発表します。
  • 防災上重要な河川については、国土交通省または都道府県と共同で「指定河川洪水予報」を発表します。
  • 数年に一度の猛烈な雨を観測した場合には「記録的短時間大雨情報」を発表します。



  • 防災気象情報などの入手方法

     気象庁は、発表した防災気象情報を自治体や防災機関に直ちに伝達すると同時に、テレビやラジオ、インターネット等を通じて広く国民にお知らせしています。
     また、近年の情報通信技術の発展により、携帯電話やスマートフォン、パソコン等を用いて一人ひとりが必要な防災気象情報を手軽に入手できる環境が整ってきています。 以下に、それらの一部をご紹介します。

    ●気象庁ホームページ
    特別警報・警報・注意報、台風情報、解析雨量など、気象庁が発表している防災気象情報をご覧になれます。
    http://www.jma.go.jp/

    ●国土交通省防災情報提供センターの携帯電話用サイト
    特別警報・警報・注意報、気象情報、河川情報、降水ナウキャスト等を掲載しています。
    携帯電話(フィーチャーフォン)での閲覧に適しています。
    http://www.mlit.go.jp/saigai/bosaijoho/i-index.html

    ●気象会社の情報提供サービス
    気象会社の中には、防災情報のウェブサイトを開設したり、電子メールによる防災気象情報の配信サービス等を行っているところがあります。
    サービス一覧http://www.jma.go.jp/jma/kishou/info/keitai.html

    ●都道府県や市町村の情報提供サービス
    自治体の中には、住民向けの防災ウェブサイトを開設したり、電子メールによる防災気象情報の配信サービス等を行っているところがあります。
    サービス一覧http://www.jma.go.jp/jma/kishou/info/jichitai.html

    平成26年2月の地震の状況

    平成26年2月の火山の状況

       

    平成26年2月の日本の天候

    平成26年2月の世界の天候

    インドネシア西部及びその周辺の少雨

     インドネシア西部及びその周辺では異常少雨となりました。シンガポールのチャンギ空港では月降水量が0mm(2月の月降水量平年値:114.1mm)となりました。

    カザフスタン南部~イランの低温

     カザフスタン南部からイランでは異常低温となりました。キルギスのビシュケクでは月平均気温が-7.3℃(平年差-7.5℃)、イランのケルマーンでは月平均気温が4.1℃(平年差-4.4℃)となりました。

    ヨーロッパ南部~西部の多雨

     ヨーロッパ南部から西部では異常多雨となりました。スロベニアのリュブリャナでは月降水量が281 mm(平年比391%)、イギリス南部のヘルネでは月降水量が184 mm(平年比299%)となりました。

    メキシコ及びその周辺の高温

     メキシコ及びその周辺では異常高温となりました。メキシコのソノラ州エルモシージョでは月平均気温が19.8℃(平年差+6.1℃)となりました。

    図 月平均気温平年差分布図・月降水量平年比階級分布図

    月平均気温平年差分布図 月降水量平年比階級分布図

    図をクリックすると、大きな図がご覧になれます。

    平成26年1月の毎日の天気図

    Adobe Reader

    このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
    お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

    このページのトップへ