キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

ロゴ こんにちは!気象庁です! 平成25年11月号

目次

こんにちは!天気相談所です! 第6回「PM2.5はどうなの?えっ気象庁じゃわからないの?!」
平成25年9月の地震の状況
平成25年9月の火山の状況
平成25年9月の日本の天候
平成25年9月の世界の天候
平成25年8月の毎日の天気図
内容
こんにちは!天気相談所です! 第6回「PM2.5はどうなの?えっ気象庁じゃわからないの?!」

こんにちは!天気相談所です! 第6回「PM2.5はどうなの?えっ気象庁じゃわからないの?!」

気象庁天気相談所のはれるん こんにちは、天気相談所の窓口にいるはれるんです。テレビのお天気コーナーを見た方からいろいろな問い合わせがあるけど、その中には気象庁が担当していないものもあるみたい。今日もそのようなお電話がきたよ。ちょっと天気相談所の人に聞いてみよう。

 テレビのお天気コーナーでは、気象や大気や空の現象で皆さんが関心を持ついろいろな事が紹介されています。それらについて天気相談所にお問い合わせをいただくのはうれしいのですが、その中には気象庁の守備範囲ではないものも含まれています。以下に主なものをあげてみます。

  • PM2.5
    「PM2.5が心配なんだけど?」、ニュースで話題になると問い合わせがよく来ます。PM2.5と言うのは大気中に浮遊している2.5μm(1μmは1mmの千分の1)以下の小さな粒子のことで、PM2.5は非常に小さいため、肺の奥深くまで入りやすく、呼吸器系への影響に加え、循環器系への影響が心配されており、昨今、中国大陸での大気汚染報道に関連して天気相談所へのお問い合わせが増えています。PM2.5は気象庁では観測や予想をしておらず、各自治体などで観測したものを環境省が、「そらまめくん」というサイトで表示していますのでそちらをご覧ください。
  • 花粉
    「今日、花粉飛んでる?」、「明日、花粉大丈夫ですか?」、春になるとつらい思いをされる方も多いと思いますが、花粉についても気象庁では観測や予想をしておりません。各地の保健所などが観測したデータを環境省が「はなこさん」というサイトで発表していますのでそちらをご覧ください。
  • 放射能
    各地の放射線のモニタリングの結果は、原子力規制委員会が「放射線モニタリング情報」でまとめています。 また放射能の拡散予測は、
  • 天文現象
    気象庁の業務の対象は、気象や地震やそれに関連する海や川の現象で、月や太陽や星は対象外です。日食、月食、月齢等の天文現象は天文台にお問い合わせください。
  • ダムの貯水率
    この夏は猛暑でダムの貯水率を心配される方も多かったと思います。ダムの水位や貯水量に関しては国土交通省の「川の防災情報」の中でダム情報という形でまとめていますのでそちらをご覧ください。 取水制限等の情報は国土交通省の「渇水情報総合ポータル」をご覧ください。
  • 交通情報、運行情報
    雪が降ったり天候が荒れたりすると道路の通行状況を聞いてこられる方もいます。道路の通行状況は国土交通省の「道路情報提供システム」でご覧になれます。 なお、鉄道や航空機の運航については、各鉄道会社、航空会社の判断となりますので、そちらにお聞きください。
  • サクラや紅葉の見ごろ
    気象庁では現在、サクラの開花・満開や紅葉の観測をしていますが、桜の開花や紅葉の予想はしていません。観光地での開花・見頃などは各地の観光協会等にお問い合わせください。
    上記の情報も参考に、情報を発表している機関のHPをご覧になるかその機関にお尋ね下さい。
    (なおHPのアドレスは2013年10月時点のものです。)
  • イメージ図

    平成25年9月の地震の状況

    平成25年9月最大震度別/M別地震回数表
    震度震度1震度2震度3震度4震度5弱震度5強震度6弱震度6強震度7合計
    回数 110 41 6 5 1 163
    マグニチュードM4.0~4.9M5.0~5.9M6.0~6.9M7.0~合計
    回数 79 5 1 85

  • 地震活動
     9月20日02時25分に福島県浜通りの深さ17km でM5.9の地震が発生し、福島県いわき市で最大震度5強を観測しました。 全国で震度3以上を観測した地震の回数は12回、日本及びその周辺におけるM4.0以上の地震の回数は85回でした。
  • 「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」の余震活動
     「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」の余震は、次第に少なくなってきているものの、最大震度4以上を観測した地震が4回、震度1以上を観測した地震が79回発生するなど、引き続き岩手県沖から茨城県沖の広い範囲で発生しました。
     国土地理院のGNSS連続観測結果によると、引き続き東北地方から関東・中部地方の広い範囲で、徐々に小さくなってきてはいますが、余効変動と考えられる東向きの地殻変動が観測されています。
    • GNSS(Global Navigation Satellite Systems)とは、GPSをはじめとする衛星測位システム全般をしめす呼称です。

    平成25年8月の火山の状況

     霧島山(新燃岳)では、今期間、噴火の発生はありませんでした。しかし、火口には多量の溶岩が溜まっており、現在でも小規模な噴火が発生する可能性は否定できません。火口周辺警報(噴火警戒レベル3、入山規制)が継続しており、新燃岳火口から概ね2km の範囲では、噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

     桜島では、爆発的噴火を含む活発な噴火活動が継続しました。4日11時00分に発生した爆発的噴火では、桜島島内と垂水市で小さな噴石(火山れき)が降下し、車のガラスが割れる等の被害が発生しました。25日12時42分に発生した爆発的噴火でも、桜島島内に小さな噴石(火山れき)が降下し、車のガラスが割れる被害が発生しました。これらの噴火を含め、今期間、噴煙の高さが火口縁上2,500m以上の噴火が11回発生し、それぞれについて降灰予報を発表しました。火口周辺警報(噴火警戒レベル3、入山規制)が継続しており、昭和火口及び南岳山頂火口から概ね2kmの範囲では、噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石及び火砕流に警戒してください。

     阿蘇山では、23日21時頃から火山性地震が急増し、25日に実施した現地調査では二酸化硫黄の放出量は1日あたり1,900 トンと多い状態でした。これらのことから中岳第一火口から概ね1km の範囲に大きな噴石を飛散させる噴火が発生する可能性があると判断し、25日15時40分に火口周辺警報を発表し、噴火警戒レベルを1(平常)から2(火口周辺規制)に引き上げました。中岳第一火口から概ね1㎞の範囲では、噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。

     その他の火山の活動状況に特段の変化はありません。

    平成25年9月の日本の天候

    北・東日本と沖縄・奄美は高温

     日本の南海上の亜熱帯高気圧が平年より強く、また偏西風も平年より北を流れたため、西日本を除いて月平均気温が高く、特に沖縄・奄美ではかなり高かった。

    東日本日本海側と西日本は多雨・多照

     上旬には秋雨前線と台風第17号、中旬半ばには台風第18号の影響を受けて広範囲で大雨となり、東日本太平洋側と沖縄・奄美を除いて月降水量が多く、特に東日本日本海側ではかなり多かった。一方、中旬以降は移動性高気圧に覆われて晴れる日が多かったことから、北日本を除いて月間日照時間が多く、特に東日本と西日本ではかなり多かった。

    台風第18号で広範囲に大雨

     15~16日に、東海地方に上陸して三陸沖に抜けた台風第18号とその北側に停滞していた秋雨前線の影響で、北日本から西日本にかけての広い範囲で大雨となり、各地で大きな被害が発生した。福井県、滋賀県、京都府では大雨特別警報が発表された。

    沖縄・奄美の一部では少雨が継続

     湿った気流の影響で雨の降る日はあったものの、高気圧に覆われて晴れる日が多かった。月降水量は少なく、沖縄・奄美の一部では7月以降の少雨の状態が継続した。

    9月の記録(1位更新のみ、*はタイ記録)
    月降水量少ない方からの順位更新(mm) 沖永良部 24.0
    月間日照時間多い方からの順位更新(h) 水戸 185.0、飯田 206.7、甲府 204.5、鳥取 196.2、舞鶴 187.1、津山 202.1、姫路 211.5、高松 218.3

    平成25年9月の世界の天候

    中央アジア北西部~ヨーロッパ東部の多雨

     中央アジア北西部からヨーロッパ東部では異常多雨となりました。ロシアのモスクワでは月降水量が183mm(平年比274%)となりました。

    メキシコの多雨

     メキシコでは、ハリケーン「MANUEL」と「INGRID」の影響で異常多雨となり、100人以上が死亡したと伝えられました(国連人道問題調整事務所)。タマウリパス州のソトラマリナでは月降水量が682mm(平年比395%)となりました。

    オーストラリア中・東部の高温

     オーストラリア中・東部では異常高温となりました。オーストラリア東部のロックハンプトンでは月平均気温が23.9℃(平年差+3.1℃)となりました。オーストラリアの月平均気温、月平均最高気温、月平均最低気温は、9月としては統計を開始した1910年以降で最も高くなりました(オーストラリア気象局)。

    図 月平均気温平年差分布図・月降水量平年比階級分布図

    月平均気温平年差分布図 月降水量平年比階級分布図

    図をクリックすると、大きな図がご覧になれます。

    平成25年8月の毎日の天気図

    平成25年8月の天気図【PDF形式:1.2MB】

    Adobe Reader

    このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
    お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

    このページのトップへ