キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

気象庁図書館(国立国会図書館支部気象庁図書館)

 気象庁図書館は気象庁の正面玄関を入って1階左手にあります。
 当館は気象庁の業務に必要な図書・資料を所蔵する専門図書館です。気象庁職員のほか一般の方も、調査研究や調べものにご利用いただけます。

蔵書の内容

 主な蔵書は、気象学、気候学(地球環境)、海洋学、地震学、火山学をはじめ、数学、物理学、天文学、農学に関する専門図書です。和・洋書(約2万5千冊)、国内・外国雑誌(約2千種)のほか、国内の観測資料や天気図、近代から昭和期までの外国資料もあります。その他、辞書・事典・年鑑・法規・白書等の政府刊行物もそろえてあります。

利用案内

1.入 館

平成27年2月23日より図書館内にゲートが設置され、通過するためには「一時通行証」発行手続きが必要となります。
発行手続きは、気象庁正面玄関右手警備員室前または南口ゲート前にて受付けています。
「一時通行証」は退庁時に返却していただきますので、図書館利用後に庁内の施設を利用しない方は図書館カウンターへお返しください。
利用者の方におかれましてはお手数をお掛けしますが、ご理解・ご協力をお願い致します。

2.閲 覧

一般の方による書庫及び事務室への立ち入りは出来ませんが、閲覧室にある新着雑誌等は自由に閲覧できます。
書庫内にある図書の閲覧は、閲覧室に設置してあるパソコンで書名、著者名、キーワードなどから蔵書を検索し、閲覧室にある所定の用紙に記入してカウンターへ請求してください。

3.複 写

書籍を複写したい場合は、(財)気象業務支援センター設置の複写機(モノクロのみ、1枚10円)をご利用ください。
なお、次のとおり制限がありますので、あらかじめご了承ください。
  1 古い資料は破損のおそれがあるため複写できません。
  2 著作権法により複写の上限は1著作物につき半分までです。
  3 複製できる部数は1人につき1部に限ります。
  ※ CD-ROM類の印刷(プリントアウト)及び電子媒体への複製(コピー)はできません。

4.レファレンスサービス

特定のテーマに関する図書の探し方などはカウンターにご相談ください。

5.貸 出

一般の方への貸出は、原則として行っておりません。
貸出が可能な方
  1 国立国会図書館及び行政・司法各部門支部図書館
  2 国公立の研究機関の図書館
  3 国家公務員または大学の教職者で、当館長の認める方
  ※ 貸出期間は2週間、貸出冊数は一人3冊までです。貸出のできない図書もあります。

開館時間及び休館日

 開館時間
    月~金曜日 9:30~17:00
 休館日
    土曜日、日曜日、国民の祝日及び休日、毎月1日(1日が土・日・祝日等にあたる場合は翌平日)、
    年末年始(12月29日~1月4日)
    その他、図書整理等により臨時に休館する場合もあります。
    利用の際にはあらかじめご確認ください。

問い合わせ先

 総務部企画課図書係
 TEL 03-3212-8341(内線2249)

Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

このページのトップへ