キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

災害を未然に防ぐ気象情報、生活を支援する天気予報


気象等の警報・注意報、気象情報

 台風や低気圧による大雨や暴風、短時間に狭い地域で発生する集中豪雨などによる気象災害を未然に防ぐためには、現象を的確に捉え、その現象に応じた情報を迅速に伝達することが不可欠です。
 気象庁ではさまざまな観測により、現象の把握を行い、災害が起こるおそれがあると予想される場合には注意報を、重大な災害が起こるおそれがあると予想される場合には警報を、重大な災害が発生するおそれが著しく大きいと予想される場合には特別警報を発表します。また、気象状況の変化や地域の実情に応じて、低気圧や、大雨、強風などに関する気象情報を発表しています。
 特別警報・警報・注意報は、市町村等ごとに発表します。また、過去に災害が起こったときの気象状況と災害との関係等を調べた上で、あらかじめ基準を定めて発表します。
 



<特別警報の種類>
大雨、暴風、暴風雪、大雪、波浪、高潮
<警報の種類>
大雨、洪水、暴風、暴風雪、大雪、波浪、高潮
<注意報の種類>
大雨、洪水、強風、風雪、大雪、波浪、高潮、雷、融雪、濃霧、乾燥、なだれ、低温、霜、着氷、着雪

このページのトップへ