キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。



現場見学(予約制)


気象庁では、平日(土曜・日曜・祝祭日・年末年始を除く)の以下の時間帯に、団体の皆様を対象に、現業室の見学案内を行っています。
当庁の職員が24時間体制で働いている現業室を、窓越しに見学いただきながら、広報室の職員が業務の説明を行います。
説明は日本語のみとなりますのでご了承ください。

見学時間

見学は、1日4回、以下の時間帯(各回30分程度)に実施しています。(平日のみ)

 午前
  ①10時30分~11時00分
  ②11時15分~11時45分
 午後
  ③13時30分~14時00分
  ④14時15分~14時45分

※なお、業務の都合でお受けできない場合もございます。

見学場所

以下の二つの部屋を廊下から窓越しにご見学いただきます。

  • 予報現業室(天気予報を作成する部屋)
  • 地震火山現業室(地震や火山を監視する部屋)

見学可能人数

各回とも、5名から15名までの団体
※少人数の団体は、他の団体と一緒に見学いただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。

申込み方法

予約は3ヶ月前の月初めから開始します。
ご希望日の1週間前までに気象庁広報室へ電話にてご予約ください。
電話は平日のみ受け付けております。
(例えば、5月15日の予約を取りたい場合は、2月1日以降にお電話ください。)
その際、見学希望日と時間帯、団体名、人数、代表者氏名、連絡先をお伺いします。
※旅行会社等からの間接的な予約は受け付けておりません。
※見学は完全予約制で先着順となっておりますので、日程が決まりましたらお早めにご予約ください。特に4~6月と10~11月は修学旅行シーズンで混み合います。

見学当日の流れ

1階にはゲートがありますので、警備員に現場見学を予約していることをお伝えいただき、入館手続きをお願いします。
広報室の職員がご案内しますので、ゲートを通過後、まず広報室にお越しください。

  1. 気象庁に到着、入館手続き
  2. 見学開始時間までに広報室(1階)へ
  3. 予報現業室を見学(職員が案内します)
  4. 地震火山現業室を見学(職員が案内します)
  5. 見学終了
1階の案内図

また、気象庁1階には予約なしで自由にご覧いただける気象科学館がありますので、現場見学の前後にぜひご覧ください。

見学の様子

予報現業室 地震火山現業室
予報現業室 地震火山現業室

注意事項

  • 台風、地震、火山の噴火などの災害が発生した場合は、見学当日においても予約をキャンセルさせていただく場合がありますので予めご了承ください。キャンセルさせていただく場合には広報室から連絡します。
  • 見学はおよそ30分間立ち見での見学となります。また、移動には一部階段を使用します。
  • 見学中、写真は自由に撮影いただいて構いません。ただし、フラッシュ撮影はご遠慮ください。
  • 動画の撮影はご遠慮ください。
  • 時間厳守でお願いします。

所在地・アクセス

〒100-8122
東京都千代田区大手町1-3-4 気象庁
(気象庁へのアクセス)
※お越しの際は、公共交通機関をご利用ください(自家用車・観光バス等での来館はできません)。



本件に関するお問い合わせ先

気象庁総務部総務課広報室
TEL:03-3212-8341(代表)

このページのトップへ