キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

防災講演会『特別警報、命を守るために知って欲しい』の参加者を募集します

本講演会は終了しました。ご来場いただきました皆さま、どうもありがとうございました。

ご案内

 気象庁では、「特別警報」の運用が8月30日から始まることを機に、防災講演会を下記の通り開催します。  本講演会は、『命を守るために知って欲しい』をテーマとして、自然災害科学・防災科学の専門家やお馴染の気象キャスターを迎え、「特別警報」が発表されるような自然現象による危険が差し迫ったときに、どのような行動をとればよいのか。「特別警報」が発表される前に出される様々な防災気象情報をどう活用すればよいのか。そして気象庁が新たに発表する「特別警報」についてもわかりやすくお話しします。多数の方のご参加をお待ちしております。

本文

1.日時 平成25年8月28日(水)
受付開場13:00 開演13:30 終演予定15:30
2.場所 気象庁 講堂(東京都千代田区大手町1-3-4)
3.入場料 無料
4.定員 200名(事前予約制)
5.主催 気象庁
6.後援 内閣府(防災担当)、消防庁、NPO法人気象キャスターネットワーク
7.内容
講演1: 特別警報について
講師: 五十嵐洋輔 気象庁予報部 気象防災推進室 予報官
講演2: 特別警報と、気象災害への備え
講師: 天達 武史 気象キャスター・気象予報士
講演3: 地域を知り、防災気象情報を活用する
講師: 牛山 素行 静岡大学防災総合センター 副センター長
リーフレットPDF形式(657KB)

お申し込み方法

参加受付は、満席となりましたので終了いたしました。
多数ご応募頂きましてありがとうございました。

お申し込み結果について

お申し込みいただいた方には、電子メール又はFAXにて「受講票(受付票)」を送付しております。
「受講票」は、当日入場確認としてをさせていただきますので、必ずご持参願います。
なお、「受講票」1枚につき1名様のご入場となります。会場内は自由席です。

お問い合わせ先

  気象庁広報室広報係
  電話:03-3212-8341(内線2126)

このページのトップへ