キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。

投稿・編集規程、投稿の手引き


投稿規程

1.原稿は未発表のものであること。また他誌に掲載したものの続編形式とはしない。
2.原稿は投稿規程と投稿の手引き及び別途配布するテンプレートファイル(MS-Word)に従って作成する。これらに添わぬ原稿は、査読を行う前に、体裁を整えるよう勧告し返却することがある。
3.原稿の本文は和文とし、表題は和文と英文で書く。
4.論文は英文アブストラクトをつける。また、原則として、図・表等の表題・説明文は英文で書く。共に英文添削のための和訳を添付する。
5.寄稿者は、テンプレートファイル(MS-Word)にならって原稿を作成し、原稿の種類(論文,報文,雑報の区別)を付して、編集責任者に提出する。MS-Wordを用いない場合は、編集責任者と協議する。
6.校正は、著者が自らの責任で初校を行い、再校以降は原則として編集担当官に一任する。校正段階で、文章その他の変更は原則として認めない。
7.原稿は、原則として内容別に受理された順に掲載される。
8.投稿原稿の枚数制限は当分の間とくに行わない。ただし、データ部分が膨大な場合やデータファイル自体が成果物である場合などは、別ファイルでの電子的な公開の希望を付して編集責任者へ提出する。
9.原稿が査読結果と共に著者に返されてから6ヶ月以内に改訂原稿が送られてこない場合は取り下げられたものとする。
10.原稿送付先は、地震火山部地震予知情報課「験震時報」編集担当官とする。
11.寄稿者は、他論文等からの図等の引用を行う場合には、気象庁が当該図等を複製及び公衆送信することについて引用元から許諾を得ること(気象庁が委託した第三者が行う場合を含む)。

編集規程

1.編集担当官は、原稿を受け付けた日付「受付日」と採用した日付「受理日」を記録する。
2.投稿された原稿は、気象庁職員及び退職者、もしくは気象庁外の専門家の中から、投稿内容に応じた適任者に査読を依頼する。
3.編集担当官は、原稿の内容及び表現の変更を勧告することができる。
4.編集担当官は、字句の修正、不備な図や写真の修整を求めることができる。
5.編集担当官は、投稿の手引きに添わぬ部分を、著者の承諾なしに投稿の手引きに添うように直すことができる。
6.編集担当官は、原稿の内容が明らかに不適切と判断される場合は、査読者と相談のうえ、著者に理由を明示した上で掲載を拒否することができる。

投稿の手引き

1.原稿はMS-Wordを原則とし、テンプレートにならって作成する。
2.原稿には、和文題目、英文題名、漢字著者名、ローマ字(略さず)著者名をこの順に書き、脚注として所属官署を和文と英文で書く。英文題名の各単語の頭文字は大文字とする。つづいて、英文要約、本文(図・表・写真とその説明を含む)、文献の順に記す。図表等の説明は英文とする。(英文要約の和訳、図表名とその説明の和訳は別ファイルで提出する。)ただし、報文、雑報の場合、英文要約は省くことができ、図表等の説明は和文のみでよい。文献はそれがないとき省くことができる。
3.英文要約は、目的、仮定、方法、結論等を明確に20行以内で記述する。本文の数式、図表等は引用しない。
4.本文
 4.1 章・節の切れ目は1行あける。
 4.2 章・節の見出しはMSゴシック体とし、各段落の先頭は1文字下げて始める。段落間には空白行を設けない。
 4.3 句読点には、「.」(ピリオド)、「,」(コンマ)を使用し、「。」「、」は使用しない。
 4.4 人名、地名の読みにくいものには振り仮名を付ける。
 4.5 数式、特に本文中の数式は、その前の文と行間が1行程度になるように調整する。数式が続く場合には行間を開ける必要はない。
 4.6 括弧は原則として全角を用いる。ただし、括弧内の文字が全て半角英数文字の場合には半角の括弧を用いても良い。
 4.6 単位は原則として国際単位系(SI)を使用する。
 4.7 暦年は原則として西暦を用いる。ただし、命名された現象名については元号を省略せずに記載する。また、人名の敬称は原則として省略する。
5.図・表・写真
 5.1 図等の表題・説明は、論文の場合は原則として英文で、その他の場合は和文で書く。図表中の文字、記号はもれなく説明する。また、必要な単位は必ずつける。
 5.2 図等には、図1、Fig. 1、表1、Table 1のように通し番号を付ける。
6.文献
文献は、本文の末尾に原則として次の形式にしたがって列記する。並べる順序は和文を先にして50音順、続いて欧文をアルファベット順に並べる。巻は太字にし、斜体にしない。
雑誌 著者名 (西暦年): 表題,雑誌名,巻数,号数(原則として省略),ページ‐ページ.
単行本 著者名 (西暦年): 書名,第何版,発行所,総ページ数(または引用ページ).
WEB 著者名 (西暦年): WEBページタイトル,WEBサイト名称.URL,(参照年月日).
(例)
安藤邦彦 (1992): 表面現象から見た近年の伊豆大島の火山活動の期間とその特徴,験震時報,55,139-156.
宇津徳治 (1985): 地震学,第2版,共立出版,310pp.
Hull, A. G. and C. Nicholson (1992): Seismotectonics of the Northern Elsinore Faults Zone, Southern California, Bull. Seism. Soc. Am., 82, 800-818.
気象庁(2015):新しい降灰予報の提供開始について,平成27年報道発表資料.
http://www.jma.go.jp/jma/press/1503/13a/kouhaiyoho150313-1.pdf,(参照2016-03-18).

このページのトップへ